« 今日のランチ | メイン | ランチ 馬車道 シェ・コパン~山下町 Flowerでお茶 »

2007年3月10日

●みなとみらいで泣き笑い・・・(^^ゞ

今日は新高島のジャックモールへ買物ついでにみなとみらいでも買物してちょっと遅めのランチを食べた。

しかし、久しぶりに「不味い」と思うものを食べた。
この飽食の時代になかなか普通に「不味い」と思えるものは最近喰った事がなかったのでさすがにビックリした。

みなとみらい:更科

これが不味かった食べ物(笑)

みなとみらいの更科一休ってお店で食べたカツ丼。
昔カミサンとそばを食ったときはそんなに不味いと思わなかったんだけど、今回はホントに不味かった。
まずカツは揚げ置きであったので衣はゴワゴワ。
そのゴワゴワした衣がたっぷりなんだかしょっぱいツユを思いっきり吸い込んでいて一口食べた瞬間に「不味い」となった、、、

僕はカツ丼が大好きで、大抵のカツ丼なら完食する人間である。
その僕が半分以上残して席を立った、、、

さすがにあまりに酷いのでお店の人に言おうかと思ったが、きっと言ったところでチェーン店なのでオペレーションと言うか従業員に美味しいものを出そうって気持ちがないのだから言ったところで無駄だとわかったので普通に店を出た、、、

人間コレだけ不味いものを喰うとさすがにイラつく(苦笑)

何か腹に入れて落ち着かなければ(爆)

そこで駅の改札近くにあるROSELITAでフレッシュジュースと何か軽くつまもうと思った。

フレッシュジュースはおススメがデコポンであった。
迷わずデコポンのフレッシュジュースと照り焼きチキンのフォカッチャを頼んだ。

みなとみらい:ROSELITA

普通に美味しかった(^^)

かなり不機嫌メーターが納まり、無事に買物を続けて家に帰ることが出来た(笑)

不味いものは精神を病ませるナァ、、、(^^ゞ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://yendou.net/blog/mt-tb.cgi/481

トラックバック

» 横浜駅東口地下『地鶏や』の親子丼が・・・嗚呼!スカッピキ!! from 横浜ほにゃらら日記
地鶏や最寄駅:横浜 / 新高島料理:鳥料理採点:★★☆☆☆一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円用途:昼食 某日、都内へ。 毎日... [Read More]

コメント

そう?

おいら、普通に食えるよ。ここのカツどん(^^)

えええぇ~~~マジ~~?
そんじゃこの日だけ調子悪かったのかナァ、、、
マジで不味かったよ~(^^ゞ

おひさしぶりです(^-^;

最近 不味いもんくったかなぁ
と考えても思い出せない・・・
本気で不味いもんに出会うのは稀になりましたね~

ある意味貴重な体験ですね

Yendouさん、こんにちは!
シュール・リーさんのところから来ましたomuと申します。
Yendouさんの話題に出てくる本牧在住なので、最近いつも楽しみにさせていただいてます☆
どうぞよろしくお願いします!

>人間コレだけ不味いものを喰うとさすがにイラつく(苦笑)

「そうそうそう!そうなんだよ!」と思って、今回思わず書き込みさせていただきました(笑)
マズいものを食べると、なんだかすんごく(金銭的にも時間的にも)損した気分になるんですよ〜(^^;)

近所にできた、500円で食べ放題という店(ご存知かしらん?)も、気になって気になって、ついつい行ってみたのですが。。。。、いらつくというより悲しくなりました。。。。
安くてもすごーく損した気分になっちゃった(T^T)

デコポンジュース美味しそうです!
今度飲みに行ってきます☆

>ぶんさん

そうですね~最近稀な体験だったかもです。

>omuさん

はじめまして(^^)
こちらこそ宜しくお願いします

そうです!お金と時間の無駄遣いをした感じが気分をかなり落ち込ませますよね~(笑)

500円で食べ方だい?!
凄いお店があるんですね~!
本牧界隈ですか?
怖いもの見たさでちょっと興味あるかも(^^)

また遊びに来てくださいね~!

いや~、これは辛いですねえ・・・みなとみらいに未来は無いなぁ(?)。
この気持ち、私は横浜駅地下PORTAで体験しました。
美味い不味い自体は、まあその日の体調や好みもあるとは思うのですが、こういう「やる気と誠意」がまるで感じられないものを食べさせられると、心が萎えますよねぇ。
似たような体験をTBいたしますです・・・。

TBありがとうございます(^^)
なんだかみなとみらいは場所代が高いのか今一歩寂しい思いをするお店が多いのは事実ですわ~(^^ゞ

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)


Copyrights(C) 2006-2009, Hiroyuki Yendou.All rights reserved.