« LIVE:ドルトムントの奇跡なるか?(^^ゞ | メイン | 本牧:すかいらーくガーデンズ »

2006年6月23日

●LIVE:ドルトムントの現実・・・

日本のワールドカップが終わりましたね。

どんなスポーツにもミスはつき物です。
しかし、現実的に今の日本には格上の相手と戦った場合にミスを取り返す力はないということでしょうね。

川口の魔法は「0」という数字でなければその効き目は消えてしまうのです。
川口は「0」以外の数字が現れてしまうと、12時を迎えたシンデレラになってしまいます。
だから今日の試合で日本が勝つためには絶対に相手を「0」に抑えなければならなかったのです。

だけど前半ロスタイムの失点・・・
これで日本のワールドカップは終わったといって良いんではないかと思うくらいです。

2点目、3点目は確かに回転の無い凄いシュートでしたが、特に2点目は魔法がかかっている川口なら防げるシュートだと思いました。

よくやったとは思いますが、しかしこれが現実であったことも事実です。
どこにも勝てなかったという現実。

次のワールドカップに出るのはかなり難しいでしょう。
すでに今回のメンバーを上回る素材が出ていないからです。
早くて8年後かもしれません。

中田英が試合後、ずっとピッチに寝転んでいましたが、中田は確かにWクラスの選手かもしれません。
でも、中田は最後まで中田だったんじゃないかと思います。

野球のイチローのように、イチローから鈴木一郎になって日の丸背負ってみんなを引っ張ってゆくような選手ではなかったんじゃないかと思います。

精神的な核が日本には必要です。

常に試合を引っ張るキャプテンシーのある選手の出現が待たれるでしょう。

4:1・・・これがドルトムントの現実だったのです。

残念だけど、沢山の現実を突きつけられて、これからの日本がどう変わってゆくか、期待したいと思います。

そう、日本のサッカーが好きだから。

本当のサムライブルーがピッチを駆け巡る日を、これからまた夢見て過ごすのです。

zico.jpg
■映像:NHK

確かにジーコは選手に自由を与えてくれました。
でも、まだまだ日本の選手は自由を楽しめるほど実力が伴っていなかったのです。

次の日本代表の監督が誰になるかわかりませんが、長期的な視点で考えなければいけない現実もあるのかもしれません。

茨の道が続くけど・・・頑張れ!ニッポン!(^^)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://yendou.net/blog/mt-tb.cgi/92

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)


Copyrights(C) 2006-2009, Hiroyuki Yendou.All rights reserved.